京焼(きょうやき)陶器

京焼は、15世紀に、古都、京都で作られました。その品質は、焼いた後に、”重ね塗り”という技術です。ゆえに、職人の個性が非常に現れます。17世紀以降、京焼は、日本のお茶会で使われていました。最初は、京焼は、中国、朝鮮陶器のコピーでした。その後、京都のオリジナル陶器が作られ、赤塗や、重ね塗りに発展して、京焼というオリジナルが出来上がりました。京焼の絵は、伝統的な日本絵の技術で使われております。
製造元 : Tokyotrad
価格 : 33,000円(税込)
数量